害獣駆除の実体!

探れ!害獣駆除部隊!

害獣駆除の実体!

害獣とは

害獣とは何かご存じでしょうか?
一般的に害獣と呼ばれている動物は【ハクビシン】【アライグマ】【ネズミ】【コウモリ】などです。

それぞれ、違った被害を人間に与える為、害獣として扱われているため害獣駆除を行います。
例えば、ハクビシンの場合、体調は60センチ程度でハクビシンは日本独自の動物ではなく外国からもちいられた外来種です。
夜中に民家の屋根裏などを走り回ったりし騒音を引き起こします。そのため、眠れなくなったりと非常に迷惑な存在となるのです。
また、決まった場所で糞尿を繰り返すため天井が腐ったり、他の害虫を引き起こす原因にもなったりするのです。

次に、アライグマ。イメージとしては可愛いイメージですが、実はコレも害獣駆除の対象。
近年、都心部などにも生息することが確認されており、こちらも外来種。
ペットとして飼育されていたものが、放たれ野生化し繁殖してしまったことにより害獣となってしまいました。
体調は60センチ前後、被害内容はハクビシンに似ている他、繁殖力が強く、放っておくと大変なことになります。
また、見た目によらず凶暴で侵入経路を塞いでも何度も破壊を繰り返してしまうほど。
近年では狂犬病の危険性も懸念されている害獣駆除が必要です。

その他、ネズミは一番多く聞く害獣でしょう。こちらは部屋のいたるところに住処を作る可能性があります。
また、配線を噛み切ることもあり、火災などの原因を引き起こす可能性もあり害獣駆除が必要です。

what's new

2013/02/09
福をもたらすを更新
2013/02/09
駆除しない?を更新
2013/02/09
侵入経路を更新
2013/02/09
放っておくとを更新
2013/02/09
害獣駆除の実体!を更新
2013/02/09
ホームページリニューアル